住宅ローン、年収450万円ならいくらまで借りられる?

住宅ローン、年収450万円ならいくらまで借りることが可能なのでしょうか。
住宅金融支援機構のシミュレーションなら、3,962万円、イオン銀行のシミュレーションなら2,540万円〜3,390万円という結果でした。
住宅金融支援機構では、最低年収や雇用形態の条件が特になく緩やかになっています。
一般の銀行では、最低年収は200万円〜400万円、一部契約社員も可ですが、正社員を条件となっていて、少しハードルが高くなっています。
35歳のサラリーマンの平均年収が450万円程度といわれています。
勤続3年以上、過去に金融事故もなく、他に大きな借り入れがなければ大体審査に通過出来るでしょう。
ただ、限度額一杯に借り入れるのは、返済出来なくなるキケンと隣り合わせですから、返済可能な金額を自分の状態に合わせて考えましょう。
住信SBIネット銀行人気の理由は?住宅ローン研究!【金利が安い?】